保育園

おひさま保育園

【保育理念】

私たちは子ども達に「自分の夢を自分の力で実現できる人」になって欲しいと願っています。
そして、そのためには次のことが必要だと考えています。
いろいろなことに興味を持ち、自分で考えやってみる気持ちを持つこと。
思いやりの気持ちを持って楽しく仲間と関わることができること。
安心できる「心の基地」があること。

【保育方針】

自主性を育てます
ワクワクドキドキするような体験に自ら挑むことで、自主性、考える力が育ちます。
子ども達の年齢・発達に応じたいろいろな活動を企画し、経験する機会を設けますが、大人が“やらせる”のではなく、子ども自身が“やってみたくなる”ような環境作りに重点を置き、 自由に遊びを創造・発展させる中で、考える力、創る喜びを育みます。

施設紹介

about_0 about_1 about_2

保育施設概要

開設日

平成24年12月3日

施設概要

鉄筋コンクリート造り

  • 保育室     25.62㎡
  • 乳児室     23.1㎡
  • 調理室     9.53㎡
  • 便所      9.30㎡
  • その他    33.33㎡     合計  100.88㎡
保育定員
  • 年齢を問わず14名
保育時間
  • 開所時間       8:00~19:00
  • 夜間保育時間    16:00~翌10:00
対象児童
  • 0歳(生後57日)~就学前の児童
    (医療法人社団鶴友会の職員の子女)
保育内容
  • 一般保育、病後児保育の実施
  • 月齢で2クラスに分け、年齢に見合った保育を実施しております。
  • 毎月、楽しい行事を開催いたしております。
休園日
  • 日祝日休
  • 年末・年始休(12/29~1/3)
給食
  • 病院内厨房より提供
保育料
  • 月額      30,000円
  • 一時預かり   2,500円/日
  • 3歳児以上   37,000円
  • 半日       1,500円
  • 兄弟割引制度有
夜間保育
  • 原則、第2・第4木曜日、第3金曜日に実施
日曜保育
  • 第2・第4木曜から3日後の日曜日

保育の委託運営業者

株式会社アイグラン(広島県広島市)

保育園の特徴

高品質な保育の実践のための保育計画と保育実践

認可保育園と同等の保育計画に基づき、高品質の保育を提供しています
※五領域の視点に立った「保育計画」と「保育実践」

保育室内にはテレビを設置せず、保育士による手遊び・歌遊び・製作活動を通した創造性を育む保育を実践しています。 また、ひとりひとりの個性に応じた「保育計画」に基づいた保育を実践しています。

リトミックの導入

本格的なリトミックプログラム

●リトミックとは

当園では本格的なリトミックプログラムを体系だって学んでいただけます。

『リトミック』とはいろいろな素材を使って、指導者のもと、友達と自由な表現で楽しく音楽遊びをしていくプログラムです。

お遊戯と見た目は少し似ていますが、リトミックと決定的に違うのは、お遊戯のように決められた『形』を求めず、自主性を尊重するところです。

●成長の可能性を大きく

リトミックは子どもたちにとって快適で楽しい『活動の場』であると同時に期待される教育効果として、心身の調和を図り、感覚を磨き知性の基礎をつくる、つまりは人の成長の可能性を大きくすることができるといわれています。

近年、非常に注目を集めている幼児教育プログラムで、皇太子ご一家の愛子様も学ばれてたことでも有名です。

親子で楽しめる行事

event_0 event_1 event_2

毎月親子で楽しめる行事を提供しています。

行事計画

 4月   入園・進級式
 5月   お見知り遠足 親子参加型のゲームやダンスを行い、楽しく過ごしました。
 6月   保育参観 ママやパパとたくさん体を動かして、遊びます。
 7月   七夕会 ママ、パパと飾りを作って、笹をきれいに飾りましょう。
 8月   夏祭り くじ引きやゲーム屋さんがあります。たくさん遊びに来てください!
 9月   運動会 お遊戯やかけっこ。頑張りましょう!!いっぱい応援してくださいねっ!
10月   個別面談 入園半年の様子をお伝えし、疑問質問にお答えします。
11月   保育参観 クラスごとに、みんなのいつもの様子を、お家の方に見ていただきましょう。
12月   クリスマス会 発表会です。泣かないでがんばろうね。
 1月   ボーリング大会 保育室で、ボーリング大会をしまぁす。
 2月   豆まき会 可愛い鬼さんがいっぱいになりますねっ!
 3月   卒園式 仲良く遊んでくれた、お姉さんにさよならします。寂しいね。

保育園での風景

子どもたちはいつも元気です。
scene_0 scene_1 scene_2