endoscope

内視鏡センター

鶴田病院内視鏡センターです

当院では上部消化管内視鏡検査をはじめ下部消化管内視鏡検査、胃瘻造設術、消化管拡張術、消化管ステント挿入術、内視鏡的胆道ドレナージ術など消化器内科医師と消化器外科医師連携し、検査のみでなく治療も積極的に行っております。
年間件数は上部消化管内視鏡検査約1500件、下部消化管内視鏡検査約350件、特殊治療約60件になります。
熊本市の胃がん検診も行っており、病気の早期発見にも尽力しております。

検査は予約制になっておりますが、緊急の検査にも対応しているため急な症状出現時は安心してご相談ください。
医師と共に内視鏡技師を取得している看護師(2名)を中心に検査が安全・安楽に受けられるように患者様1人1人の訴えをよく聞き丁寧に対応出来る様心掛けております。

繰り返し検査・治療が必要な患者様も認定された看護師が対応する事で度重なる検査への不安を少しでも軽減でき、信頼関係を築きながら検査を受けることができる病院です。
内視鏡検査に関心はあるものの不安で迷っておられる方もまずは当院へ相談下さい。
医師と共に皆様が安心して検査を受けられるようお手伝いさせていただきます。

経鼻的内視鏡

経鼻的内視鏡従来の内視鏡より、格段に細くなった(径5.9mm)スコープを鼻から挿入して検査を行います。嘔吐反射が起きにくく、鎮静剤を使用することなく行えるため、検査後すぐに帰宅することが出来ます(ただし高血圧や出血傾向のある人、また鼻血が出やすい方は施行出来ないことがあります。又、詳細な観察が必要な方は、従来のスコープを使用した方がいい場合があります)。
経鼻的内視鏡

 

拡大内視鏡

拡大内視鏡拡大内視鏡とは、スーパーCCDを内蔵し、最大光学拡大率は約135倍にまで拡大出来る、顕微鏡のような観察が可能な内視鏡です。
ポリープ表面の凹凸や模様をより詳しく観察することで、癌になる可能性のあるポリープであるか否かなどをより正確に診断することが出来ます。
当院では、通常の検査に拡大内視鏡を積極的に用い、診断の向上と、より適正な治療法選択に努めています。
※当院では症状、観察の目的により、これらのカメラを使い分けて検査を行っています。

分光画像処理機能:FICE

当院では富士フィルムのadvanciaという内視鏡システムを採用し、分光画像処理機能「FICE」と呼ばれる特殊な画像処理を用いた観察が可能です。FICEを用いることで、病気(特に癌)の早期発見、診断の向上が期待出来ます。また拡大内視鏡と併用することでさらに、正確な診断に近づくことが出来ます。

治療

当院では治療内視鏡にも積極的に取り組んでいます。大腸の腺腫性ポリープの切除(polypectomy, EMR)はもちろん早期胃癌のESDも症例に応じて行っています。また、消化管ステントや胆道ステント も行っています。
当院では患者様に苦痛を与えないように、必要に応じて鎮静剤を使用して検査を行います。
基本的には予約制ですが、まずはお問い合わせ下さい。
他にも何かご不明な点がございましたら、お気軽に相談してください。

内視鏡センター統計

お問い合わせ・ご予約

医療法人社団 鶴友会

鶴田病院 内視鏡センター

〒862-0925 熊本県熊本市東区保田窪本町10-112

TELでのお問い合わせ

096-382-0500

FAXでのお問い合わせ

096-382-0592