identification

特定健診

特定健診とは、『メタボリックシンドローム』(内臓脂肪症候群)に着目し、「生活習慣病の発症や、発症後の重症化を予防する」ために行う健康診断です。

※メタボリックシンドロームとは
内臓脂肪の蓄積により、高脂血症(脂質異常症)、高血圧、高血糖などが重複した状態のこと

対象者

40~74歳の国民健康保険の加入者本人とその扶養者
41~74歳の社会保険や共済組合などの加入者の扶養者
後期高齢者(熊本市役所への申請が必要となります)

検査内容

基本項目 問診(服薬歴・喫煙歴・生活習慣など)
身体計測(身長・体重・BMI・腹囲)
血圧測定
内科診察
尿検査(尿糖・尿たんぱく)
血液検査(肝機能・脂質・血糖)

※ご加入の保険組合等によって、上記以外の項目が追加となる場合がございます。

詳細項目 心電図
眼底検査
貧血検査

※一定の基準のもと、医師が必要と認めた場合に実施

メタボリックシンドロームが重症化した結果、心臓病や脳血管疾患、腎不全などさらに大きな病気を発症します。
しかし、メタボリックシンドロームは生活習慣を改善することで解消することができます。まずは特定健診で、自分の健康や生活習慣を振り返ってみましょう。

お問い合わせ

医療法人社団 鶴友会

鶴田病院 健診センター

  • 担当:倉岡、平山

〒862-0925 熊本県熊本市東区保田窪本町10-112

お電話でのお問い合わせ

096-382-0500

FAXでのお問い合わせ

096-382-0592

メールでのお問い合わせ:kenshin@kakuyuukai.or.jp