chemotherapy

外来化学療法室

外来がん化学療法

外来化学療法室がん化学療法とは、抗がん薬を用いてがん細胞の分裂を抑え、破壊する治療法です。
従来、化学療法は薬剤の投与時間が長く、副作用への対策が未発達であったため、入院で行われることが多い治療法でしたが、近年、有効な抗がん薬が開発され、さらに吐き気・嘔吐などの副作用の軽減も図れるようになってきたことで、日常生活を送りながら治療を行う外来化学療法が可能となってまいりました。

当院でも外来化学療法室を設置し、日常生活・社会生活を送りながら治療を継続して質の高い生活を送る支援をしております。

当院の特徴

安全性や治療効果の追求

外来化学療法室外来化学療法室

当院では化学療法室の隣室に「抗がん剤調製室」「温熱治療室」を有し、安全キャビネットを用いて薬剤師が安全・迅速な調製対応を行い、化学療法の効果を高める温熱治療と一貫した「がん治療」を受けることができます。

設備面の充実

外来化学療法室 リクライニングチェア専用の電動リクライニングチェアが3床(テレビ付)あり、プライベート空間を確保し、よりリラックスして治療が受けられるよう設備面でも整備されています。

お問い合わせ

医療法人社団 鶴友会

鶴田病院

〒862-0925 熊本県熊本市東区保田窪本町10-112

TELでのお問い合わせ

096-382-0500

FAXでのお問い合わせ

096-382-0592