menu

RADIOLOGY

放射線科についてAbout Radiology

医師・歯科医師の指示のもと、放射線を使った検査を行なっています。
また検査以外にも「患者様やスタッフの放射線被曝管理」「機器の点検・品質管理」「放射線を扱う部屋の放射線管理」も行なっています。
放射線を扱う際の心構え「恐れず、慌てず、侮らず」をモットーに、常に患者様に寄り添った温もりのある放射線検査を心掛けています。
放射線の事、その他の事でもお気軽に声をかけてください。

Facilities Introduction

CT装置

当院では、キヤノンメディカルシステムズ社製 80列タイプのCT装置を導入しています。高画質・短時間・被曝低減・金属アーチファクト低減など先進の技術を取り入れた装置です。
患者様目線のやさしい検査環境を実現しています。

当院では近隣の医療機関からの紹介CTにも力を入れています。
FAX1枚で予約を取る事ができ、検査後2時間ほどで放射線科医による読影レポートと画像CDをお渡ししています。
検査内容など柔軟に対応致しますのでお気軽にお問い合わせください。

一般撮影装置

一般的には「レントゲン」撮影と呼ばれます。
胸部や腹部、全身の骨などの撮影を行います。
病室から移動することが困難な患者様には移動型撮影装置でのポータブル撮影も行います。

デジタルX線透視撮影装置

造影剤の流れやカテーテルの動きなどをリアルタイムで観察しながら、必要な場面を撮影したり録画も行います。
胃や食道の観察・嚥下造影検査・カテーテルやチューブの挿入時などに使用します。

デンタル撮影装置

一般的な医療機関では珍しい歯科用のレントゲンとパノラマ撮影装置です。
車イスに乗ったままでも対応可能です。

遠隔画像診断システム

当院のCT画像診断は質の高い診断レポートを患者様にお届けするために、当院医師の読影に加えて放射線科専門医による遠隔読影も依頼し、二重読影を行っています。
過去に同じ検査があった場合には比較読影を行い、質の高い診断が可能です。

その他

歯科も含めた医療画像を一元管理するためのPACS・嚥下造影検査などを録画し配信するための動画配信サーバー・3Dワークステーションなど