menu

CLERK

クラーク科について

クラークは医療関係者をサポートし、陰から支える仕事です。
当院クラーク科はドクターズクラークと病棟クラークで構成されています。

Work Introduction

ドクターズクラーク業務

医師の事務的作業補助を行います。
主な業務内容は文書作成(保険会社診断書、介護保険主治医意見書、傷病手当、訪問看護指示書など)、電子カルテの入力代行(診療記録、検査や処方などのオーダーや検査結果などの出力)、入院時及び退院時に必要な書類作成、入院報告の管理や紹介状の準備です。また、医師の学会や研究発表、論文や資格更新に必要な統計調査やデータ収集なども行います。このような文書作成やその他の事務業務を、医師の指示のもとで補助する専門職が「ドクターズクラーク」です。毎日、膨大な人数の患者さんを相手にする医師のかたわらで、その診療業務が円滑に行えるようにサポートする、なくてはならない職種です。当院の特徴としては、介護保険を要する患者様が多く、主治医意見書作成が多い印象です。また、外来陪席は多くの施設で行っていると思いますが、当院では行っていません。

教育体制
(配属されてから6カ月以内に32時間以上の研修を必ず実施致します)

32時間研修
オリエンテーション(病院概要、接遇、病院内見学案内等)
医師事務作業補助総論
医学関連法規、薬学関連法規、医学一般
医療保険制度
各種文書作成
電子カルテ
個人情報保護、医療安全、感染防止
院内研修
医療安全研修、感染防止研修、個人情報保護研修、接遇研修

病棟クラーク業務

病棟の看護師介護士の事務的作業補助を行います。
主な業務内容は看護師、介護士が専門職に専念できるよう内線対応や患者様、面会者の窓口対応、入院・退院等の準備、同意書などの必要書類の確認、・整理、その他様々な契約内容の確認などです。会計に関連することも多く、病棟と医事課を繋ぐ架け橋にもなっています。病棟クラークは、資格は必要ありませんが、看護師、介護士のサポートを行いながら、多職種との連携も要します。そのため、コミュニケーションスキルや正確性が必要です。また、患者様や面会者、ご家族の対応も多いため、接遇マナーや思いやりの心も必要です。