blog

お知らせ

第4回 鶴田病院 がん診療・緩和ケア地域連携研修会を開催しました

3月25日(金)、当院にてがん診療・緩和ケア連携研修会を開催しました。熊本市内外でがんリハビリに携わっている医療スタッフ40名(※)にご参加いただきました。
当院長より「がんリハビリテーション提供の現状と問題点」についての報告後、職種毎にグループワークを実施。がんリハビリの課題や現状について、熱心に意見交換が交わされました。「充実した議論だった」、「また開催して欲しい」等のご意見をいただきました。ご参加いただいた皆さまありがとうございました。
※参加医療機関・・・14施設(医師5名、看護師11名、理学療法士16名、作業療法士4名、言語聴覚士3名、MSW1名)

がん緩和 (1)

がん緩和 (2)                               鶴田 豊 院長

上妻先生                           上妻 精二 緩和ケア病棟長

平成28年4月~ 外来診療体制のお知らせ(4月1日更新)

週間外来担当医表


平成27年度熊本県医事・薬事・健康づくり功労者及び優良団体等知事表彰を受賞

 3月8日(火)、当法人栄養部は「優良特定給食施設」として、平成27年度熊本県医事・薬事・健康づくり功労者及び優良団体等知事表彰を受賞しました。
 同表彰は県民の健康増進等に寄与した個人や団体等に贈られるもので、当法人栄養部が委託から直営となり約4年での受賞となりました。受賞基準は下記のとおりです。
今後も地産地消を基本に、安心・安全な給食が提供できるようスタッフ一同取り組んでいきます。
 《受賞基準》
・合理的な給食管理組織が確立されており、円滑な運営がなされていること。
・給食業務の合理化及び喫食者の栄養指導が適切に行われていること。
・喫食者中心の給食に配慮していること。
・施設及び設備が整備されており、食品衛生監視成績が過去3年間85点以上あること。
表彰式
         写真左から安田洋子栄養部長、小野泰輔熊本県副知事、鶴田美恵子管理部長

第1回 鶴田病院地域医療連携の会を開催しました

2月27日(土)、ホテル熊本テルサで「第1回 鶴田病院地域医療連携の会」を開催しました。当日は連携医療機関や介護事業所など59施設から約160名にご参加いただきました。
1部では「患者・家族の思いに応えるがん医療連携とは?」をテーマにパネルディスカッション、2部では意見交換会を実施しました。
パネルディスカッションにご協力いただきました熊本赤十字病院血液・腫瘍内科部長 吉田稔先生、ひまわり在宅クリニック院長後藤慶次先生、熊本大学大学院生命科学研究部消化器外科学講師吉田直矢先生、清藤クリニック院長清藤千景先生、懇親会でごあいさついただきました熊本大学大学院生命科学研究部消化器外科学教授馬場秀夫先生、おびやま在宅クリニック院長宮﨑久義先生、そしてご参加いただきました皆さまありがとうございました。
1

さらなる医療の質向上を目指します~病院機能評価を受審~

1月29、30日、当院は公益財団法人日本医療機能評価機構の病院機能評価<3rdG:Ver1.1>を受審しました。
さらなる医療の質向上を目指すために受審したもので、ケアプロセス調査(患者さんの入院~退院における当院の関わり方、部門連係等)と各部署の訪問調査が実施されました。
同評価は、病院が組織的に医療を提供するための基本的な活動 (機能) が、適切に実施されているかどうかを、中立・公平な立場の評価調査者が評価する仕組みです。
今後もスタッフ一同、病院の質改善に継続的に取り組んでいきます。 IMG_0991

20 / 35« 先頭...10...1819202122...30...最後 »