reha
cancer

がん患者のリハビリテ―ション

がん患者のリハビリってなんですか?

がん患者の方は、がんの進行や治療によって身体的・心理的さまざまな機能障害を生じます。主なものとしては、筋力・体力の低下や手足の麻痺、歩行困難、呼吸苦、倦怠感、飲み込み・発声の障害、痛みやしびれ、むくみ、骨折、不安などです。それらにともなって日常生活や仕事等を制限されてしまいます。

がん患者のリハビリテーションでは、これらの機能障害や能力低下をできる限り予防し、起こってしまった機能障害の回復を早期に図り、生活能力の向上と仕事やレジャー・趣味活動への復帰を目指します。

実際にはどういうことをするのでしょうか?

がん患者のリハビリテーションのかかわり方は、がん自体による局所・全身の影響、治療の副作用、安静にしていた期間や機能障害によって異なります。

当院では、がん患者のリハビリテーションの研修を受けた医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を中心に、薬剤師・管理栄養士・医療ソーシャルワーカー等がチームを組んで、おひとり、おひとりの病状や体調・能力に合わせたリハビリテーションを行っていきます。

内容は病期(治療の段階)によって、以下のように分けられます。

予防的リハビリテーション

がんと診断された後、早期(手術前など)に開始されるもので、まだ機能障害はありませんが予防を目的とします。筋力・体力等の評価と維持・向上運動を実施し、ご自身でできる運動や日常生活での注意点の指導等を行います。

回復的リハビリテーション

起こってしまった機能障害、能力の低下に対して、早期より最大限の回復を図ります。

手術後や化学療法・放射線療法・温熱療法に伴って体力低下された方には、離床を援助し、筋力・体力の評価のうえ、適切な運動を行います。麻痺や痛み、歩行・呼吸困難、飲み込み・発声困難などに対しても、それぞれ専門のスタッフが運動や指導を行います。また必要に応じて、日常生活動作および仕事や家事に必要な作業等を練習します。

維持的リハビリテーション

化学療法・放射線療法・温熱療法実施または、がんが増大しつつあり、機能障害や能力の低下が進行しつつある方に対して、できるだけ離床と機能維持を行います。

また、動作練習や運動を継続するとともに、身体機能の低下で日常生活に支障をきたした際は、生活を補助してくれる道具(自助具)や環境整備、福祉サービスのご紹介等も行います。

緩和的リハビリテーション

ご本人とご家族のご要望を十分に把握したうえで、倦怠感・呼吸苦・疼痛・不安等の緩和や、その時期に可能な日常生活動作ができるよう努めます。

どうすれば、リハビリを受けることが出来るのですか?

現在がんの治療を受けられている方はどなたでもがん患者リハビリテーションを受けられます。しかしながら、がん患者のリハビリテーションは、入院中の方に限られており、外来通院の方は、受けることが出来ません。

がんリハ実績 平成25年4月1日~平成26年3月31日

がんリハ実施者数 のべ161名実施 入院期間 平均39.9日
のべ151名退院

がんりは1.1
がんりは2

緩和ケア病棟  平成25年度

186名リハ対応 入院継続14名
退院172名

 

男性:108/186名 男女平均:72.02歳(37~92歳)
女性:78/186名

 

在院平均 24.41日(2~260日)
転帰 自宅 23名(13.37%)
Sterben 149名(86.63%)

緩和2

お問い合わせ

医療法人社団 鶴友会

鶴田病院 地域連携・相談支援センター

〒862-0925 熊本県熊本市東区保田窪本町10-112

TELでのお問い合わせ(直通)

096-285-6755

FAXでのお問い合わせ(専用)

096-382-0573

メールでのお問い合わせ:renkei-hp@kakuyuukai.or.jp