WLB

WLB(ワークライフバランス)

ワークライフバランスの推進

職員の笑顔を医療・福祉の質の向上につなげるために
~鶴友会はWLB=仕事と生活の調和に取り組みます~

鶴友会では質の高い医療・福祉サービスを実現するためには、そこに携わる職員がやりがいを持ち、笑顔で仕事に取り組めることが重要だと考えています。

ほほえみ夏号 P2-3out

平成27年度からWLBプロジェクトを発足し、熊本県看護協会主催「WLB推進ワークショップ」ヘ参加しています。
全職員が参加することに意義があります。種をまき、芽が出て多くの実がなるように鶴友会の木をを育て、困ったときに職場全体で支えあえる職場づくり・組織風土を作り上げていきます。

当院での取り組み(アクションプラン)

  1. 残業・離職率の低下への取り組み
  2. 院内連携強化と業務役割分担の見直し
  3. 制度認知の取り組み

主な活動業績

  • 平成28年4月18日よりケアサポートセット・オムツセットを導入しました。
  • 平成28年9月より終礼チャイム「ウェストミンスターの鐘」を流しています。
  • 平成28年9月3日所属長を対象に目標面接考課者訓練を実施しました。
  • 平成29年1月夜間保育、日曜保育を開始しました。
  • 平成29年1月28日「WLB推進ワークショップ」に参加しました
    他病院の取り組みを聞き、当院も発表をしてきました。