hospitalization

入院案内入院の際に用意するもの、面会時間、入院費用等について

入院中は院長以下スタッフ一同、温かい誠意を持って患者様の診断、治療、看護をいたします。 主治医、看護師などの指示を守り、療養に専念され、一日も早く回復されるよう願っております。

入院の準備

入院時の手続き

入院前に受付で入院手続きを行ってください。 他の病院からの紹介状をお持ちの方は提出をお願いいたします。 また、個室を希望される場合はお申し出下さい。 ⇒有料個室のご案内

必要な書類

入院申込書・診察券・健康保険証 その他各医療証(障害者医療・特定疾患・介護保険証・公害医療・原爆医療・減額認定証・その他)

用意するもの

  • リハビリテーションのできる服装、運動靴(リハビリをされる方)
  • 寝衣(パジャマ等)、生活用具、洗面用具、入浴具等の入院時必需品につきましては、CS(ケア・サポート)セットをご案内しておりますので、スタッフにお気軽にご相談ください。
紛失されないようお手持ち品には名前をご記入ください。 介護用品や生活用品については病院一階の売店にご用意しております。

療養生活について

主治医による病状説明、カンファレンス(話し合い)

主治医による病状説明や、スタッフによるカンファレンス(話し合い)を随時行います。 患者さんやご家族にも参加していただくことがございますので、ご協力をお願いいたします。

転棟・転室について

病状などにより、病棟や病室を移っていただく場合がございます。ご協力をお願いいたします。

食事

医師の指示に基づき、病状に合わせた献立が準備されます。 管理栄養士がお伺いいたしますので、ご不明な点や、ご相談がありましたらお申し出ください。

服薬

他の病医院のお薬を飲まれている場合は、必ずお申し出下さい。

外出・外泊

外出・外泊には主治医の許可が必要です。 ご希望される場合はお早めに病棟看護師までご連絡下さい。 また「外出・外泊許可願」のご記入もお願いします。

散髪

定期的に業者が来院いたします。 ご希望の方は事前に看護師にお知らせ下さい。

付き添い

付き添いは原則として必要ありません。 ただし、病状等によりご家族で付き添いを希望される場合は、主治医の判断により許可する場合も ございますのでご相談下さい。

携帯電話

院内での携帯電話の使用は一部の場所のみ使用可能となっています。 周囲の方のご迷惑にならないようマナーを守ってご使用ください。

喫煙

敷地内禁煙となっております。 みなさまのご協力をお願いいたします。

貴重品

多額の現金や貴重品の持ち込みは病院の保安上の問題からご遠慮願います。

売店のご案内

営業時間

曜日 時間帯
平日 8:30~17:00
土曜 8:30~13:00
日曜・祝祭日 休業

店内取扱い品目

hospitalization_shop

  • 弁当
  • 食料品(カップ麺など)
  • お菓子
  • 飲み物
  • 日用品
  • 雑貨店
  • 雑誌など

面会時間

曜日 時間帯
平日・土曜 14:00~20:00
日曜・祝祭日 10:00~20:00

病状や治療の都合上面会をご遠慮いただく場合がございます。 お見舞いやご面会の際には、必ずサービスステーションに声をおかけ下さい。

入院費用について

請求とお支払い

1ヶ月ごとのお支払いです。 毎月15日(土・日・祝祭日等にあたる場合は翌日)に前月分の請求書をお渡しします。 月末までに会計窓口か振込み等にてお支払い下さい。 ※退院時は退院日にお支払い下さい。

保険外の負担分について

保険外の自己負担分として差額室料や病衣代はその利用頻度、内容に応じ実費の負担が必要になります。

会計窓口取り扱い時間

曜日 時間帯
平日 9:00~17:00
土曜 9:00~12:00
日曜・祝祭日 休診

その他

  • 各種制度(高額医療費制度、労災、自賠責等)のご案内や会計に関する様々な疑問点についてもお答えします。 お気軽にご相談下さい。
  • 入院中に保険証に変更が生じたり期限が切れたりした場合は、速やかに会計窓口へお知らせ下さい。 また、月初めには保険証の確認をさせていただきます。

その他(入院関連)

  • 診療方針に従い、スタッフ一丸となって診断、治療、看護にあたります。診療の方針にご理解、ご協力がいただけない場合や他の患者さんの迷惑になると判断される場合には退院していただくことがありますので、ご了承下さい。
  • 入院中の職員へのお心づかいは一切お断りしております。何卒ご了解いただきますようお願いいたします。
  • 入院患者様の長時間の駐車場のご利用は原則として禁止になっております。
  • 入院中にお困りのこと等がございましたら看護師、またはソーシャルワーカーへご相談下さい。ソーシャルワーカーは療養生活上の心配事、退院後のご自宅での療養生活などに対するご相談を受け付け、その解決に向けご協力いたします。お気軽にご相談下さい。

入院相談窓口

医療法人社団 鶴友会

鶴田病院 地域連携・相談支援センター

〒862-0925 熊本県熊本市東区保田窪本町10-112

TELでのお問い合わせ(直通)

096-285-6755

FAXでのお問い合わせ(専用)

096-382-0573
メールでのお問い合わせ:renkei-hp@kakuyuuukai.or.jp

prejudice

患者さまへ

鶴田病院は地域医療を担う医療機関として、より良い医療の提供のために真摯な努力を重ねますが、医療は 患者様と共に作り上げる「共同作業」です。 患者様・ご家族は、医療の主体者として基本的な権利と責務を有します。 このような考えから、鶴田病院では患者様の権利と責務を次のように定めております。

患者の権利

個人としてその人格が尊重される
安全で良質な医療が平等に受けられる
病気や治療のことについて十分に説明を受けられる
十分な説明と情報提供を受け、治療方法などを自ら選択できる
セカンドオピニオン(他の医師の意見を聞くこと)を受けられる
個人情報やプライバシーが守られる

患者の責務

自身の健康状態や考えを医療従事者に適切、正確に伝える
自分が受けている診療について十分に理解して納得する
他の患者様への診療やスタッフの医療提供活動に支障を与えないように配慮する