philosophy

鶴田病院の理念・基本方針

【理念】

最良の医療・福祉サービスを提供する。

笑顔に満ちた地域の施設を目指す。

【基本方針】

・患者中心の笑顔があふれる病院を目指す
・最良の全人的医療を提供
・病気の早期発見、早期治療
・チーム医療と地域連携
・自己研鑽と、専門知識の向上
・経営意識をもって運営に参加

hospital outline

鶴田病院の概要

6階 屋上リハビリテーション歩行訓練所
5階 病室
4階 病室 栄養部
3階 病室 リハビリテーションセンター 言語聴覚室 作業療法室
2階 手術室 薬局 外来(泌尿器科)化学療法室 温熱療法室 人工透析センター
1階 外来 内視鏡センター 循環器検査室 放射線科 地域連携・相談支援センター  健診センター

全病床数105床

5階 緩和ケア病棟 20床 有料個室:10部屋
4階 一般病棟 50床(内:地域包括ケア病床 17床) 有料個室:7部屋
3階 回復期リハビリテーション病棟 €35床 有料個室:3部屋

部屋割り

個室 2人部屋 4人部屋
31室(内有料個室20室) 25室 6室

施設基準

一般病棟入院基本料10対1(看護必要度加算1)

地域包括ケア入院医療管理料1(看護職員配置加算、看護補助者配置加算)

回復期リハビリテーション病棟入院料2(休日リハビリテーション提供体制加算、リハビリテーション充実加算)

緩和ケア病棟入院料

施設基準に関する事項

診療録管理体制加算1 療養環境加算
重症者等療養環境特別加算 感染防止対策加算2
患者サポート体制充実加算 退院調整加算
救急搬送患者地域連携受入加算 総合評価加算
後発医薬品使用体制加算1 データ提出加算
がん性疼痛緩和指導管理料 がん患者指導管理料1.2
院内トリアージ実施料 外来リハビリテーション診療料
開放型病院共同指導料 地域連携診療計画退院時指導料(Ⅰ)
がん治療連携指導料 薬剤管理指導料
医療機器安全管理料1 別添1の「第14の2」の1の(3)に規定する在宅療養支援病院
在宅時医学総合管理料 在宅がん医療総合診療料
在宅患者訪問看護・指導料及び同一建物居住者訪問看護・指導料 検体検査管理加算(Ⅰ)(Ⅱ)
ヘッドアップティルト試験 CT撮影 (16列以上64列未満マルチスライス型)
大腸CT撮影加算 外来化学療法加算1
無菌製剤処理料 透析液水質確保加算2
医科点数表第2章第10部手術の通則5及び6に掲げる手術 医科点数表第2章第10部手術の通則16に掲げる手術
胃瘻造設時嚥下機能評価加算 麻酔管理料(Ⅰ)
医師事務作業補助体制加算1(75対1) 地域包括診療料
下肢末梢動脈疾患指導管理加算
心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ) 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
運動器リハビリテーション料(Ⅰ) 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
がん患者リハビリテーション料 集団コミュニケーション療法料
早期リハビリテーション加算
【心大血管疾患(Ⅰ)・脳血管疾患等(Ⅰ)・運動器(Ⅰ)・呼吸器(Ⅰ)】
入院時食事療養等
入院時食事療養(Ⅰ) ※管理栄養士による適時(夕食:午後6時以降)、適温の食事を提供いたします。

○日本プライマリケア学会認定研修施設  ○熊本大学医学部附属病院群協力型臨床研修病院

労災保険・労災保険二次健診・生活保護・更生医療 結核予防・被爆者一般疾病

prejudice

鶴田病院 患者の権利と責務

鶴田病院は地域医療を担う医療機関として、より良い医療の提供のために真摯な努力を重ねますが、医療は 患者さんと共に作り上げる「共同作業」です。 患者さん・ご家族は、医療の主体者として基本的な権利と責務を有します。 このような考えから、鶴田病院では患者さんの権利と責務を次のように定めております。

患者の権利

個人としてその人格が尊重される
安全で良質な医療が平等に受けられる
病気や治療のことについて十分に説明を受けられる
十分な説明と情報提供を受け、治療方法などを自ら選択できる
セカンドオピニオン(他の医師の意見を聞くこと)を受けられる
個人情報やプライバシーが守られる

患者の責務

自身の健康状態や考えを医療従事者に適切、正確に伝える
自身の診療について十分に理解するまで説明を受ける
他の患者さんへの診療やスタッフの医療提供活動に支障を与えないように配慮する

evaluation

病院機能評価について

当院は2006年2月20日に、日本医療機能評価機構による認定病院(ver.4)となり、2011年2月20日にver.6、2016年2月20日に3rdG:Ver1.1へと認定を更新いたしました。 これは厳しい書類審査と、審査員(サーベイヤー)による訪問審査を経て認定されるもので、病院の客観的指標となるものです。 当院はこれからも、時代や地域の要望に対応した、患者さん中心のより良い医療が提供できる病院を目指し、日々努力いたします。

infection control

院内感染防止対策のための取り組み

当院の院内感染対策は、院内感染の防止に努め、院内に関わるすべての人を守るために「標準予防策(スタンダードプリコーション)」の観点に基づいた医療行為を実践しています。詳しくはこちら