greeting

院長あいさつ

 

院長:鶴田 豊

院長 鶴田 豊

鶴田病院のホームページにアクセスしていただき誠にありがとうございます。

基本理念

『最良の医療・福祉サービスを提供する。笑顔に満ちた地域の施設を目指す』

 

地域の病院として1973年(昭和48年)に開院、2012年(平成24年)7月に建て替えリニューアル、時代に沿った医療機能の充実を図って参りました。当院が地域において果たすべき役割は、以下のとおりだと考えております。

 

熊本市東部地区の「かかりつけ医」であること

健診や内視鏡検査を有し、予防医学の見地から病気の早期発見・早期治療に取り組んでいます。また、人工透析治療も含めた生活習慣病の治療にも注力しています。

地域貢献活動の一環として、『地域交流知得講座』と題し、当院医師が地域に対し医療情報を発信するなど、地域の病院として身近な存在でありたいと願っております。

 

専門的な「がん診療病院」であること

外来化学療法、機能回復・QOL維持を図る“がんリハビリ”、症状緩和療法であるCART(難治性腹水に対する腹水濾過濃縮再静注法)等を実施。

2018年(平成30年)には緩和ケアチームを立ち上げ、腫瘍精神科医師、緩和ケア認定看護師、臨床心理士を中心に、精神的・心理的ケアの質を高める活動を行っています。

 

基幹病院と在宅・介護保険施設の橋渡しを行うこと

急性期病院からの入院受入(ポストアキュート)および在宅や介護施設等からの緊急受入(サブアキュート)機能を強化、在宅・生活復帰支援機能を充実させ、地域包括ケアシステムを推進していきます。

 

近年、全身疾患と口腔環境の関係性が脚光を浴び、医科歯科連携の重要性が唱えられ、歯科口腔外科分野の役割が明確になってきました。当院では2019年(令和元年)5月に歯科口腔外科を開設。顎口腔領域の内科的疾患から外科的疾患まで幅広く対応し、皆様の健康に貢献いたします。

 

患者様中心のシームレスで質の高いチーム医療を展開するとともに、他医療機関と連携を強化し、地域医療に貢献して参りますので、今後ともご指導ご協力くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。