blog

スタッフブログ

「看護職のワークライフバランス推進カンゴザウルス賞」を受賞しました。

ホームページにアクセス頂きありがとうございます。

この度、平成30年5月23日(水) 東京都内「ザストリングス表参道」を会場に、「第6回ワーク・ライフ・バランス(WLB)推進カンゴザウルス賞」の授賞式が行われ出席して参りました。この賞は、WLB推進ワークショップ事業に参加し、3年間の取り組みを続けた施設に贈られるもので全国79施設から参加しました。

日本看護協会が看護職の働き続けられる職場づくりに向けての取り組みを推進する事業として都道府県看護協会と協働して企画されたもので当院も平成27年度から参加しました。病院の現状を分析し優先課題に対し看護部のみならず医師・事務部門を含め組織全体でプロジェクトチームを発足し取り組みを行ってきました。

2年目にあたる平成28年度には4月の熊本地震で多くの職員も被災した中で、看護職として仕事を優先し頑張っている職員自身が笑顔が少なくなり疲弊している状況を間近に観て、また取り組みも一向に進まず事業を続けていくことも難しいのではないかと悩む時期もありました。

しかし、熊本県看護協会のご支援、またプロジェクトリーダーである院長を中心に病院組織を挙げての理解と支援があり「こういった時期だからこそWLBの実現を。できることから取り組もう」という気持ちを奮い立たせ3年間継続することができました。全職員の協働と支援のおかげだと心より感謝しております。

職員が仕事も生活も充実して働き続けられるWLBの実現には、人材育成、労働時間の管理、組織風土づくりなど、これからも取り組むべき課題は様々ですが、今回の受賞を契機に、看護部の基本方針でもある「温かい心の通う看護ができる豊かな感性を養う」を再認識しお互いを思い合える職場づくりを目指していきたいと考えます。

またこの受賞が看護部及び病院として飛躍の一歩に繋がるように今後も努力を重ねて参ります。

鶴田病院看護部長  笠 千春

※当院のこれまでのWLBへの取り組みはこちらからご覧いただけます。

WLBPTkangozaurusu

カンゴザウルスはワークライフバランス推進を応援する「繁栄」と「変革」のシンボルです。

リレーフォーライフ2018に参加しました

5月12~13日、第8回リレーフォーライフに参加しました。
当イベントはがん患者や家族、その支援者が交代でタスキをつなぎながら24時間交代で歩き、
がん征圧を願い絆を深めあうものです。
雨の影響で閉会式が2時間繰り上がりましたが、約70名の法人スタッフと家族で
親睦を深めながら白川公園を300周(約100キロ)を歩きました。
当法人はがん診療~緩和~看取り、メンタルケアまで、一貫したがんへのアプローチに尽力いたします。

リレーフォーライフ

鶴田病院 永年勤続表彰

おかげさまで鶴田病院は昭和48年に鶴田外科胃腸科医院として開設以来、今年で45周年を迎えることが
できました。
それに伴い、4月11日(水)に、最長36年勤続者をはじめ、当院に10年間以上勤続し、病院の発展と患者
サービスの充実に寄与した37名の職員を対象に、「永年勤続者表彰式」を執り行いました。

今後も、地域の皆さんに信頼される安全な医療・看護が提供できるように、一層の努力を続けて参ります。
20180411

第19回地域交流知得講座「膝痛の原因と予防」の開催報告

3月31日(土)に第19回地域交流知得講座を開催いたしました。
初めに平井康裕整形外科部長より、前回開催内容の「ロコモ」についてと今回の内容である「膝痛」に関しての講話がありました。次にリハビリスタッフより自宅でできる予防運動の紹介を行いました。参加者より、「自宅でできる運動は取り入れていきたい」、「リハビリや適度な運動が必要だと感じた」等の感想をいただきました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

064 081 102

第6回がん診療・緩和ケア地域連携研修会

3月16日金曜日、当院では6回目の開催となる「がん診療・緩和ケア地域連携研修会」を開催いたしました。当日は関係機関のスタッフの方49名を含む80名の参加があり盛況の会となりました。
本研修会はがん診療と緩和ケアに関する当院の取り組みを周知し、広く地域の医療介護関係事業所のスタッフとの連携を図る為に毎年実施しております。
研修会では当院より緩和ケア病棟の実績と現状に関するご報告、腫瘍精神科の取り組みついて報告させて頂いた後に、当院 CVポートセンター長の塩屋より「 CVポート造設における当院の役割 ~後方支援病院の立場から~ 」、熊本赤十字病院血液・腫瘍内科上田裕二郎先生より「 CVポートで拡がるがん治療の選択肢 」と題し2演題の講演を賜りました。
研修会開催前には院内の見学会を実施し、終了後には当日のテーマでもありましたCVポートの穿刺体験コーナーも開設し、みなさんに触れていただきました。
連携する多数の関係機関のスタッフの皆様と共にCVポートを軸とした治療期から在宅期、緩和ケアまでの ”つながり” が再認識できた貴重な機会となりました。

IMG_8991 IMG_9000 IMG_9010 IMG_8990 IMG_9016 IMG_9014

1 / 2712345...1020...最後 »