blog

お知らせ

鶴田病院 永年勤続表彰

おかげさまで鶴田病院は昭和48年に鶴田外科胃腸科医院として開設以来、今年で45周年を迎えることが
できました。
それに伴い、4月11日(水)に、最長36年勤続者をはじめ、当院に10年間以上勤続し、病院の発展と患者
サービスの充実に寄与した37名の職員を対象に、「永年勤続者表彰式」を執り行いました。

今後も、地域の皆さんに信頼される安全な医療・看護が提供できるように、一層の努力を続けて参ります。
20180411

第19回地域交流知得講座「膝痛の原因と予防」の開催報告

3月31日(土)に第19回地域交流知得講座を開催いたしました。
初めに平井康裕整形外科部長より、前回開催内容の「ロコモ」についてと今回の内容である「膝痛」に関しての講話がありました。次にリハビリスタッフより自宅でできる予防運動の紹介を行いました。参加者より、「自宅でできる運動は取り入れていきたい」、「リハビリや適度な運動が必要だと感じた」等の感想をいただきました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

064 081 102

第6回がん診療・緩和ケア地域連携研修会

3月16日金曜日、当院では6回目の開催となる「がん診療・緩和ケア地域連携研修会」を開催いたしました。当日は関係機関のスタッフの方49名を含む80名の参加があり盛況の会となりました。
本研修会はがん診療と緩和ケアに関する当院の取り組みを周知し、広く地域の医療介護関係事業所のスタッフとの連携を図る為に毎年実施しております。
研修会では当院より緩和ケア病棟の実績と現状に関するご報告、腫瘍精神科の取り組みついて報告させて頂いた後に、当院 CVポートセンター長の塩屋より「 CVポート造設における当院の役割 ~後方支援病院の立場から~ 」、熊本赤十字病院血液・腫瘍内科上田裕二郎先生より「 CVポートで拡がるがん治療の選択肢 」と題し2演題の講演を賜りました。
研修会開催前には院内の見学会を実施し、終了後には当日のテーマでもありましたCVポートの穿刺体験コーナーも開設し、みなさんに触れていただきました。
連携する多数の関係機関のスタッフの皆様と共にCVポートを軸とした治療期から在宅期、緩和ケアまでの ”つながり” が再認識できた貴重な機会となりました。

IMG_8991 IMG_9000 IMG_9010 IMG_8990 IMG_9016 IMG_9014

鶴田病院 病院連携セミナー 開催しました

2月16日(金)18:30から鶴田病院5階コンベンションホールにて鶴田病院病院連携セミナーを開催し、関係機関から48名、法人スタッフ23名 計81名の多数の参加がありました。

当日は宮崎県の藤元総合病院在宅医療センター長の馬見塚勝郎先生よりご講義いただき、便秘症の管理を軸に、在宅医療の多職種連携や患者家族のQOLの向上について学ぶことができました。

IMG_8944 IMG_8919 IMG_8925 IMG_8939

1 / 2912345...1020...最後 »